パジャマ姿

ああ、今から寝てもせいぜい4時間しか寝られん!
なんて思って逆に緊張して寝られないときはないだろうか?
実は自分は前はそうだった。

気がついたらもう2時間が経過して・・・
「あーーーー、もう今から眠れたとしても2時間しかないいい!」
って、絶望したこととかも何度もある。

しかし、こんな心配とこれからはさようならである。
じゃあ、具体的にどうするのか?

答:「目をつむって、横になっているだけでよい」

のである。
横になっていれば体は休まる。
では脳はというと目をつむっていれば休まるのである。
パソコンをいろいろやっている人は知っていると思うが、画像の処理は実に処理能力を必要とする。
3D画像の生成などは、計算させて数十分とかそんなにコンピュータでの処理に時間がかかるものなのである。

人間の脳というのは実にすごくて、空間の知覚を瞬時にして行う。とてつもなく処理能力の高いコンピューターのようなものなのである。

しかし、そんな高性能な脳であっても処理の負荷は非常に高いのある。

皮膚感覚の100倍程度の情報量が聴覚から得られ、
さらに聴覚の100倍程度の情報量が視覚から得られるとのこと。

脳は皮膚感覚の1万倍に相当する情報量を視覚として処理しているのである。
というわけで、目をつぶれば、この処理を行わないで済むのである。
目をつぶれば脳は十分に休まるのである。

そう思って寝てみる。
不思議、緊張せずにさらっと寝られたりする。
どうぞお試しあれ。
(実際に眠れなくてもOKである)