複合管ではない1球管の真空管ラジオ

自作の真空管ラジオ

トランジスタのベースに何もつながっていない発振器

今回は、電気ねたなので、電気に興味のない方はご遠慮ください。
Webをなにげにブラウズしていたらこんなページを見つけた。

http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/index.html
※2019年追記 このページは残念ながらinfoseekサービスが閉鎖になったため見られなくなってしまっています

なんかめちゃめちゃしびれるのである。
ダイソーの100円ラジオの回路を解析したり(まあ、慣れた人であれば、それほど大それたことでもないか)
真空管ラジオの回路図がいっぱい載っていたりとか超痺れるのである。
いまどき2球の真空管ラジオなんて作る人がいるんだ・・・。と思って驚いたりうれしかったりしたのである。
しかも、すげーいっぱい作っている。あくなき探究心!!!!
ひたすら、脱帽する。
一番上の写真は複合管でない本当に1球だけで作ったラジオ。こんなもんでスピーカを鳴らせるというのはもういやはや、いやいやすごいなあ。是非実物を見てみたいものである。ちなみに下の写真はその実物。
しかも、しかも、なつかしーー、バリコン(バリアブルコンデンサー)がいっぱい出てくる。もう、懐かしさの余りにくらくらめまいがしそうである。私がそもそも、電気をいじりはじめたのは20年ぐらい前の話になるが、その頃から、すでに世の中のラジオはスーパー方式になっており、しかもPLLシンセサイザーのモジュールが秋月電子の店頭に山と積まれてわれわれのようなアマチェアにも提供され始めていた。
それが20年前の話である。

さて、本題、Webページの中でこんな回路を見つけた、
一番下の写真である。

http://bbradio.hp.infoseek.co.jp/rce/rce.html

なんじゃこりゃである。
ベースに何もつながっていませんの。
しかも、コレクターとエミッターの向きが違ってまんがな。
記事を読むと、これで発光ダイオードが点滅するそうな。
なにーー、
って思ったが、落ち着いて考えれば、ツェナーダイオードと同じなのだなあ。トランジスタの定格を超えて逆方向に電圧を印加していけば、やがてツェナー降伏現象がおきるわけで、うーん、なるほど。
この場合は、コンデンサに徐々に電気がたまって、やがてトランジスタの電圧の限界を超えて一気に流れる。その刹那「ピカッ」と光るわけである。
その動作を想像すると、バットで殴られる図を想像するような痛さをちょっぴり感じたりする。
まあ、こういう使い方をしたらすぐに壊れちゃうのだろうが、実験としてはちょっとだけ面白いかも?