海に着いた。

6月だというのに海風は冷たく、そうして夜のオホーツク海はひたすら暗かった。

またしても携帯が鳴る。今度は妻からだった。

「あなた、やっぱり帰ってきて。もう一度、やり直せるんじゃないかと思えてきたのよ。」
「ごめん。僕は会社の金を横領していたんだ。それで会社から指名手配になってるんだよ。やり直すのは無理だ。」

彼女が横でささやく。

「私はやっぱり海に還るわ。課長は自首して。そうすれば、何年かしたら奥さんのところに帰れるわ。」

その言葉を聞いたら不意に涙が溢れて止まらなくなった。

旅館を探してその日は一緒に寝た。

翌朝、旅館を出て、人気のない納沙布岬から海を眺めた。
次の瞬間ありえないものが視界に入ったのである。
そこにアンパンをかじりながら立っている部長がいたのである。

「もう、空港を降り立ったときから分かってたんだ。逃げられないって言っただろう!」

部長は立てかけてあったチェーンソーを持ち上げた。

「こいつだったら、殻をらくらく割って味噌を取り出せるぞ!それで、佐藤君にも悪いが死んでもらうよ。君はここで横領を苦にして自殺したことになるんだ。」

不意に眠気が襲ってくる。

「さっき旅館のお茶をすりかえて睡眠薬を入れておいてたんだ。早い逃避行の終わりだったねぇ。いやあ、残念残念。」
「部長は、僕を生かしておいてもっと金を吸い上げようって思わなかったんですか。」
「何だ、そんなつまらないこと聞いたのか。しょうがないなあ、どうせ死ぬんだから教えてやろう。君は、今回の入院騒ぎで経理課を外されたんだよ。もう、君に利用価値はないわけさ。残念だったなあ。」

部長がチェーンソーを彼女に振り降ろした。
チェーンソーをもってしてもやはり硬いのだろう、彼女の甲羅の途中で止まって身動きが取れない状態になっている。その時に彼女は私にしたように部長を強く抱きしめた。全身を強く締め上げる。
一瞬の出来事だった、刃が彼女を切り裂いたときに、部長も息耐えた。
私は、彼女の最後の声を聞いた。

「私は、昨日あなたの子を宿したの。お願い海に・・・。ほとんど他の魚に食べら・・・ど、運がよけ・・・何匹かは大人になって帰っ・・・わ。私みたいに。だから、おねが・・・・・」

彼女も息を引き取った。
私も睡魔に抗しきれず、その場で意識を失った。

日が高く昇った頃、私はようやく眼を覚ました。
まだ、一人と一匹はそのままであった。

私は、旅館に戻ってタライを借りてもってきた。
彼女の体は半分に割れていてた。しかし、味噌を食べようという気はこれっぽっちもなくなっていた。

タライに海水を汲んで、丁寧に卵を掬った。

海に卵を孵す。
波が卵をさらってゆく。

しばらくそのまま海を眺めた。
私も、このまま海にと思った。
しかし、強い力がそれを押しとどめる。

「佐藤和夫だな。業務上横領及び、傷害の容疑で逮捕する。」

しばらく、ことの次第がわからなかったが、我に返って、

「そうか、全部終わったんだな」

そうつぶやいた。
私はこのあっけない旅の終わりの結末に対しては何の感慨もなかったのである。