この記事は2005年に公開されたものですが、2019年に加筆修正を行っています。

豊天商人(ブーデンあきんど)にめちゃめちゃはまっている。
2019年現在も今でもはまっているのである。
豊天商人との初めての出会いは、某ショッピングセンターに吊るしてあった一枚のTシャツ(写真をみてくれい!)。

かつを?ソース?カレー?ってどんな食い物なんだよーーー!。

ということも衝撃なのだが、この和風なデザインがすごくいい。微妙なバランスがいい。

下手をすると、こういうものを作っている会社の(このデザインであれば豊天商店?)制服に見えてしまいそうだ。しかしそうは見えない。かといって、かんぜんなおちゃらけでもなく、これはこれで立派に大真面目にも見える。
そのあたりの微妙なバランス感がいい。早速買って帰り、ネットで調べるとクルーズカンパニーという会社が企画、制作しているブランドであることがわかった。調べていたら上戸彩が豊天商人のモデルをやっているではないか。びっくり。まあ、それはともかくとして、このページを見てくれい。
このページにいっぱい並んでいるTシャツ。
とてもよいではないか!私が思うにブランドを好きというのは、そのブランドのコンセプトに共感するかしないかだと思うのである。もうそういう意味では、もう共感しまくり。
あれからというもの結構買いましたです。
子供にまで自分のこづかいで買って着せてしまうほどだ(安いんだけどね)。最後に一言
バックとかもいろいろ作ってくれい!

※2019年追記であるが、この頃に購入した帆布のバッグを気に入って今でも使っている。しかし、いい加減擦り切れて穴だらけになってしまっている。もう廃番で制作されないので困っているのである。