買ってしまいました。ソーダストリームである。
我が家はいつも炭酸水を買って飲むので作ったほうが安上がりであろうという理由である。

ソーダストリーム GENESIS V3は約1万円(楽天にて税込み9,990円)である。

「えーー、いらないよ。台所の場所取るし・・・」

と妻は難色を示したし、フリーになって明日の収入の保証もない(というほどでもないが)のに買っていいのだろう?と思いつつも、ええい!買ってしまえ!

「いくぞーーー!必殺!ソーダストリーーーーーーム!」

と気合を入れポチッとな。やってきたものはこれである。

ソーダストリーム

中身はこんな感じ。

使い方は非常に簡単。

  1. ソーダストリームの器具内部に炭酸ガスのボンベをねじ込んでセット(一度セットしたらボンベが空になるまでは外す必要はない、というか外せない)
  2. 冷水を入れたペットボトルをソーダストリームの手前のところにねじ込んでセット
  3. ソーダストリームの上部のボタンを押して炭酸を放出

炭酸水をつくるには水さえ冷やしておけば準備も入れても1分もかからない。

AmazonでSodaStream GENESIS V3を見る

楽天で SodaStream GENESIS V3を見る

ちなみに少しだけ使い方にはこつがある。
水をよく冷やしておくこと、上部のボタンを押すときに思い切ってグッと押し込むことである。
そうしないと炭酸ガスが溶け込みにくい。
炭酸ガスをケチってボタンをちょっとだけ押すと、泡が小さくならず溶け込みにくいようである。

使ってみてよかった所

すぐに飲める

炭酸水を買い置きしておかなくてもいつでも飲める。付属のペットボトルの水さえ冷やしておけば30秒ぐらいで作れる。
作りたてだと強炭酸を味わえる。

美味しい

水道の水でも市販の炭酸水と変わらず美味しい。
ちなみに私が住んでいる牛久市は、水質が悪いことで知られる霞ヶ浦から取水しており水が非常にまずかった。水道水として使用されている湖沼としては全国的にワーストワンクラスである。
現在は高度浄水処理が行われており、普通に美味しくなっている。
水道水をそのまま使っても普通に美味しい。まあ、我が家は飲み水は浄水器を使っているが、使っても使わなくても全然わからないレベル。

味やフレーバーをいろいろ変えることができる

ソーダ水のように甘いものや、香りだけで味がないといった様々なバリエーションを簡単に楽しめる。

さすがにただの炭酸水だとつまらないので、速攻でライムフレーバーとレモンフレーバーを購入。左に写っているのは500mlのボトル2本セットである。このフレーバーを使うと、まさしく市販のフレーバーだけついている炭酸水と同じである。
飲む前は確かに果物の香りがするのに、口に入ると何の味もしないという感じもまるっきり一緒。マジすげー―って感じ。
ちなみにフレーバーは1本500円、20リットル分である。ケチって使えばもっともっと使える。

フレーバーはこちらから買える。なんだか知らないがAmazonは1ダース単位でしか売っていないので、楽天で買ったほうがいい。

レモン Amazonで買う / 楽天で買う
ライム Amazonで買う / 楽天で買う
オレンジ Amazonで買う / 楽天で買う

また、実際に味のついているシロップもある。

このシロップは実に美味しい。変なアングルですいません・・・
市販の炭酸飲料と違い、量を加減することで甘さ控えめにしたりとかできる。
炭酸水を作ったあとで、ペットボトルの中にシロップを入れ振ってまぜる。炭酸が弱くなりそうな感じもするが、その点は大丈夫である。

フリーシロップのシリーズは、約10リットル分作ることができる。
値段は1,000円で10リットルなので、経済性を考えるとお得とはいいいくい。
ペットボトル1本あたりに換算すると約150円となり、一般的なコカコーラや三ツ矢サイダーなどの1.5リットルペットボトルが150円ぐらいで買えることを考えるとほぼ同等ぐらいの値段となる。

とはいえ、味はとても良いので買ってみること是非お勧めである。
楽天で買う
Amazonだと6本パックしかない。Amazonではマジメに売るつもりがないようである。
・・・というよりは送料無料を考えるとこの程度まとめて買ってくれないと利益が出ないのだろうな。

最初に合わせてひとつぐらい買ってみてもいいと思う。合わせて買えば送料無料だし。

よくなかった所

作ってすぐに飲み切る必要がある

これはなぜだかわからないのだが、炭酸が抜けるのが非常に早い。
付属のペットボトルに入れたまま、一晩おいておくとだいぶ炭酸が抜けてしまう。なのですぐに飲み切るのがよい。
ソーダストリームの最も安いセットには1リットルのペットボトルが付属しているが、1リットルだとなかなか飲み終わらない。
そこで、500mlの別売りのペットボトルも合わせて買うことをお勧め。

こちらは2本セットで消費税別で2,000円だ。
Amazonで買う / 楽天で買う

水を冷やしておく必要がある

水をキンキンに冷やしておいたほうが炭酸ガスがより水に溶け込みやすい。
(炭酸ガスに限らず酸素とかでもそうなんだけど)
というわけで今すぐ飲みたいのだが、水を冷やしていないといった場合が少し困る。

そんなわけで、こんなものを用意するといい。

ペットボトルに入れられる氷を作る製氷トレーである。

ペットボトル用製氷皿

多分これと同じものが100円均一にあるが、我が家ではこんなものをつかってペットボトルの水を冷やしている。

Amazonで買う/ 楽天で買う

100円均一にあれば店で買ったほうが送料がないので間違いなくお得。

まとめ

まあ、色々書いてみたが活用法などについていろいろやってぼちぼち追記していこうかと思っている次第である。