AmazonのEchoを買いまくりである。
初代のEcho Dotから数えるともう5台目である。

Echo Show 5を購入した時の感想についてはもう記事にしたので、これがEchoについて書くのは2度目である。

Echo Show 5は一言でいうととても素晴らしかったのだが、Echo Flexはどうかというと、これを一言でいうと「とても素晴らしい」のである(どっちも素晴らしいっていう結論)。

Echo Show 5は1台目に買うべきでEchoである。
リビングなどに置き、家の中の中心部として統括する感じで使うのが吉である。我が家はEcho Show 5をリビングダイニングに置き、家事のいろいろなサポートや、遠隔地に住んでいる子供との会話などに使っている。
また、Amazon musicやYoutubeを使って音楽を聴いたりとか、別のところにおいてあるEchoを使って呼び出したりとかいろいろいろいろよろずのことに使っているのである。

これに対して、Echo Flexは個々の部屋に置いたり、玄関に置いたりといった使い方をするものだ。
値段も2,980円と非常に安く、かつコンセントにそのまま差して使えるコンパクトな造り。かつUSBのソケットがあるのがポイント。

Echo FlexのUSB端子

ベッドサイドにおいて置いて、スマホを夜中に充電するといった使い方ができる。
で、目覚まし時計としてスマホだけではなく、Echo Flexも鳴らすようにすると、万が一どっちかがトラブルで目覚ましが鳴らなくても安心なのだ。

あとは、家族を呼び出して会話するといった使い方ができる。
むしろ、このEchoはカメラがついていないので、呼び出した時に画像が出ないのがいい。子供部屋に置いて呼び出すたびに部屋の様子が見えてしまったらむしろ子供も嫌がるであろう。

というわけで、個々の部屋に置くのが推奨である。

ちなみに欠点はないのか?なのだが、1台目として使うとすると音楽を楽しむといった用途には不向き。音楽を再生できないわけではないのだが、音質が悪い。

他のEchoはこれを除いては一番安いEcho Dotでも結構音楽を楽しめるのである。しかし、Flexの音質は2,000円ぐらいで売っているラジオがあるがあのくらいの音質だと思ってもらえればいいだろう。音楽を再生できないわけではないが、楽しむのはちょっと厳しいってことである。

私としては1台目はEcho Show 5を買い、2台目以降、Flexを買うことをお勧めしたいのである。